アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年6月30日 火曜日

熱中症対策にはアルプス鍼灸整骨院へ

アルプス鍼灸整骨院の白石です。
今日は夏も近いということで熱中症について。

熱中症は、運動や気温などの影響によって上昇した体温がコントロールできなくなることで発生する病気です。日差しが強く湿度が高い夏場に起こりやすく、時には命に関わる事もあるほどです。熱中症の症状は、意識を失う「熱失神」、脱水症状を起こす「熱疲労」、身体の痙攣と硬直を引き起こす「熱痙攣」などがあります。熱中症を起こすと、内臓にダメージが及ぶこともあるため早急な対処を行って、被害を最小限に食い止める必要があります。
熱中症の原因として大きいのが「不十分な水分補給」です。身体の体温調節は発汗によって行われていますが、身体の水分が一定量以下になると発汗機能が働かなくなります。スポーツの指導者の中には、練習中に水分補給を行わせないケースがあり熱中症を助長する結果に繋がっている場合があるのです。また、気温はさほど高くなくとも湿度が高い場合や無風状態の日なども熱中症の原因になります。締め切った体育館のような充分な換気が行われていない室内での運動も、熱中症の原因になることがあります。

熱中症対策としては水分はこまめに取りましょう。そして低ナトリウム症にならないように塩分の補給を心がけてください。
当院では今年もスポーツミネラルを販売させていただいています!!よろしかったらこの夏、スポーツミネラルで熱中症対策していきましよう!!
〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL 06-6835-0041
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2015年6月29日 月曜日

夏のこむらがえりの際にはアルプス鍼灸整骨院へ

アルプス鍼灸整骨院で鍼灸師をしている木島です。

 

そろそろ冷たい飲食物をを沢山とる季節になってきました。

 

この時期のビール等のアルコール類は飲みやすくて美味しいですが、利尿作用から体内の水分を沢山排出してしまいます。

 

体内の水分が出る状態は外にいる時に大量の汗をかくのと変わりがありません。

 

体内の水分が少なくなると体に疲労感が溜りやすくなり、こむらがえり等が起りやすくなると言われています。

 

必ずアルコールを取った時にはそれと同じだけの水を取るようにして下さい。

 

今回は二日酔いになった時になるべく早く解消させるツボ『期門』を紹介します。

 

場所は左右2つあり、乳頭からの下に向かう線の肋骨の触れる一番下の場所にあります。

 

二日酔いに効果があるだけでなく、他にも胸の痛み・嘔吐・喘息などにも効果があります。また東洋医学では肝経の募穴にあてはまることから、筋肉の症状や食欲不振にも効果があります。

 

このような症状の時にもアルプス鍼灸整骨院にご相談ください。

 

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2015年6月26日 金曜日

夏の冷えは痛み(肩こり、腰痛、こむら返りなど)の原因

どうも!アルプス鍼灸整骨院のトミーこと永冨です!いよいよ6月も一週間をきりましたね!
夏目前ですが、意外と見落としがちなのが冷えなんですよ!
夜寝る時何もかけず寝てませか?
職場や電車、バスなどでガンガンのクーラーにあたってませんか?
気をつけて下さい!意外と冷えって怖いんです!もちろん痛み(肩こり、腰痛、こむら返りなど)の原因になります!
対策としてわ
1.しっかりお風呂につかる
暑いからってシャワーで済まさずしっかりお風呂につかりましょう!

2.ストレッチを入念に
お風呂上がりでいいんでゆっくりとストレッチをしましょう!筋肉をしっかりリラックスせせその日の疲労はその日のうちにケアをしましょう!

3.食事をしっかりとる
3食きちんと食べることを心がけましょう!
しっかり食べることで夏バテ防止にもなり体力もつき強い身体を作っていきます!

どうですか?これからの暑い季節少し意識してあげてください!
もちろん痛み(肩こり、腰痛、膝痛、こむら返りなど)がでたらアルプス鍼灸整骨院にお任せ下さい!

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2015年6月25日 木曜日

筋肉痛の痛みと原因!

吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院の大岩根です。

今回は運動後に起きる筋肉痛についてお話しさせて頂きます。

筋肉痛とは運動に伴って起こる筋肉の痛みです。一般的には、運動が終わった数時間後から翌日から翌々日というように、時間を置いて起こる「遅発性筋痛」が、「筋肉痛」と呼ばれています。慣れない運動を行ったとき、普段使わない筋肉を使いすぎた場合などに顕著に現れます。

筋肉痛のメカニズムは、医学的にははっきりと解明されていません。
かつては、運動したときに生じる疲労物質「乳酸」の蓄積が原因だとする説もありましたが、その矛盾点が指摘されていることから、現在は、運動によって傷ついた筋線維を修復しようとするときに起こる痛みであるという説が有力となっています。
(1)普段使わない筋肉を突然使ったり、同じ筋肉を使いすぎたりすることで、筋肉を構成している線維(=筋線維)や周りの結合組織に微細な傷がつく。
(2)損傷した筋線維を修復するために白血球を中心とした血液成分が集まる。このとき「炎症」が起き、刺激物質(ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、プロスタグランジンなど)が生産され、筋膜(筋肉を包んでいる膜)を刺激する。それが感覚中枢を介し、痛みとして感じる。
つまり筋肉痛とは、傷ついた筋線維を修復する過程で炎症が起き、生成された刺激物質が筋膜を刺激して起こるものと考えられています。

筋線維そのものには痛みを感じる神経がありません。痛みは、炎症が広がって発痛物質が筋膜に届くようになってから感じるため、時間差があると考えられています。
普段からよく動かしている筋肉には、筋肉に血液を送る毛細血管がよく発達しています。一方、あまり使っていない筋肉には、毛細血管が十分に巡らされていません。そのため、急激にその筋肉を動かしても、損傷した筋線維に血液成分が集まるまで時間がかかり、さらに発痛物質が生産されるまで時間がかかるとも考えられています。日頃からよく筋肉を使っている人は、少々筋線維を痛めても修復がすぐに進む=筋肉痛が起こりにくいのかもしれません。
ちなみに、「歳をとると筋肉痛が遅く出る」と言われますが、これも定かではありません。同じ運動をした後の筋肉痛の出方に年齢による時間差は認められなかったとする調査報告もみられています。

当院では運動指導も行っておりますので、気軽にご相談下さい。


〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2015年6月23日 火曜日

肩のことならアルプス鍼灸整骨院へ

アルプス鍼灸整骨院の白石です。
今日は、関節唇損傷について書きたいと思います。

関節唇とは、関節窩の周りに関節面の縁取りをしているような形の軟骨の一種です。骨頭が脱臼するのを防ぐ、車止めの役割を持っていると言われています。繰り返しの投球動作で関節に無理な力がかかり、関節がずれようとします。この繰り返しによって、関節にゆるみが生じ、関節唇に負担がかかり、傷んできます。、亜脱臼などの外傷で生じることもあります。治療は手術的に関節唇を修復する事もありますが、肩関節のストレッチや筋力訓練(inner muscleと呼ばれる、腱板筋群の強化、バランシング)など、不安定性を来す原因を解明し、それを取り除く事が重要です。主に投球動作による障害です。

肩のことでお悩みの肩はぜひ当院に来てください。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL 06-6835-0041
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31