アルプス鍼灸整骨院BLOG

2017年2月27日 月曜日

肘内障は吹田市北千里のアルプス鍼灸整骨院・漢方薬店へ!

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の亀原です。
今回は肘内障についてお話しさせていただきます。
5歳未満の子供によく診られる肘内障は手を強く引っ張られることにより、肘の関節をつなぐ輪状の靭帯から骨がずれている状態です。
症状
・腕をだらんとして動かさない
・肘に触れることを嫌がる
・激しく泣く
・肘を曲げられない
・肘の痛み
・腫れない
などがある場合は、肘内障の可能性があります。1番特徴的なのは、腕を動かさないことです。骨と靭帯がずれているためまげることができず触れるだけで痛みを伴うためです。

1度肘内障が起こすと再発しやすいとされていますので子どもの手を強い力で引っ張らないように注意しましょう。

当院では、徒手整復・手技・物理療法(ES-530か)・運動療法・などのさまざまな治療法を行っております。

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください。

pic20170227073950_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2017年2月24日 金曜日

野球してきました!

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の仲です。

今回は僕が毎週日曜日にしている草野球のお話をさせていただきます!

先週の日曜日も試合をしてきました!
この日は気温もそこまで低くなくちょうどいい気温ですごく動きやすかったです!
試合結果は6対4となんとか勝つことが出来ました!
3月から大会も始まり野球のシーズンになってくるのでますます活動が楽しみです!

アルプス鍼灸整骨院では、手技・物理療法(ES-530ほか)・包帯固定・テーピング・運動療法などのさまざまな治療法を行っております!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください

pic20170224073128_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2017年2月23日 木曜日

「よもぎ蒸し」ってご存知ですか?

吹田市青山台アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の大岩根です。

皆さん「よもぎ蒸し」ってご存知でしょうか?
韓国では600年前から行われている伝統的な民間療法で、いまや韓国人女性に関わらず、『よもぎ蒸し』に魅了される日本人女性の間でひそかなブームが起きています。

よもぎ蒸しとは穴のあいた椅子に座り、穴の中でヨモギや漢方薬を入れた石釜や鍋をグラグラと煮立たせて、その蒸気を膣と肛門の粘膜から吸収させていく健康・美容法です。

よもぎ蒸しの主な効果

・婦人科系の改善・冷え性の改善・アレルギーの抑制作用・鎮痛作用・美容効果(美肌・美白・アンチエイジング)・新陳代謝の向上・免疫力の向上・性病予防・改善・ダイエット効果・リラックス効果・便秘改善効果など
様々な効果が期待できるみたいですね!

私も近々男性でありますが、どんなものなのかを体験してきたいと思います。
また体験後はブログで感想をお伝え出来ればと思っております。


〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください。



pic20170223073405_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2017年2月20日 月曜日

足の捻挫は吹田市北千里のアルプス鍼灸整骨院・漢方薬店へ!

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の亀原です。
今回は足関節捻挫についてお話しさせていただきます。

足関節捻挫は、運動中の怪我でよくみられる疾患で、足首を内側にねじれる外力が加わって起こる内反捻挫が最も多いと言われています。

症状
足の痛みによって歩きにくくなります。損傷した部分を中心に腫れて皮下出血により色が変わります。
時間が経過すると腫れや変色は広い範囲に広がります。靭帯が完全に断裂した場合は、関節が不安定になり、適切な治療を行わなければ後に捻挫を繰り返したり、関節表面の軟骨を損傷したりして、日常生活やスポーツ活動に障害をきたす場合があります。

治療
捻挫してすぐは、R(安静)I(冷却)C(圧迫)E(挙上)のRICE処置を行います。
そのほかにも、テーピングを使う事で関節の動きを制限して動かした時の痛みを軽減したり再発を予防していきます。

当院では、手技・物理療法(ES-530か)・包帯固定・テーピング・運動療法・などのさまざまな治療法を行っております。

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください。

pic20170220073914_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2017年2月17日 金曜日

お腹の痛みで悩んでいる方は吹田市アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店へ

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の仲です。

今回は腹痛につけて東洋医学的にお話しさせていただきます。

東洋医学的に腹痛をみた場合いくつか原因があげられます。
・寒邪によるもの
寒邪とは簡単に言えば「冷え」のことです。寒邪がお腹にとどまることで気の運行が停滞しスムーズに巡らなくなります、そうすることで腹痛になる場合があります。
・過食によるもの
食べ過ぎによっても腹痛になります。胃や脾臓の機能が低下するとこで気の運行が停滞して起こります。
・偏食によるもの
特に脂っこいもの冷たいものの食べ過ぎによっても腹痛が起こります。
脂っこいものは湿熱と言う熱を帯びたものを作り腹痛になります。
冷たいものは直接冷たいものがお腹に入ることで気の運行が停滞し腹痛になります。

治療ではお腹周りのツボや胃経ラインのツボを使って治療していきます。
足三里、関元、中脘

pic20170217073145_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31