アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年7月29日 金曜日

自律神経の乱れには北千里駅最寄のアルプス鍼灸整骨院・漢方薬店へ

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の仲です。

今回は自律神経の乱れ自律神経失調症についてお話しさせていただきます。

自律神経は交感神経、副交感神経がありこの2つのバランスが崩れることにより自律神経失調症が起こります。

症状としては頭痛や手足のしびれ、動悸、全身のだるさなどがあります。

原因としては昼夜逆転した生活やエアコンでの冷やしすぎなどによる身体的ストレスや人間関係などの精神的ストレスも原因になってきます。

自律神経の乱れには鍼灸治療も効果的で
・百会:心を落ち着かせる
・太衝:イライラを静める
・内関:不安を和らげる
などのツボを使い治療していきます。

アルプス鍼灸整骨院では、手技・アイシング・物理療法(ES-530ほか)・包帯固定・テーピング・運動療法などのさまざまな治療法を行っております

このような症状がある方は是非ご来院を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください

pic20160729071916_1.jpg

pic20160729071916_2.jpg

pic20160729071916_3.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2016年7月28日 木曜日

麦門冬湯など医薬品の購入やご相談は吹田市青山台アルプス漢方薬店へ!

吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の大岩根です。

今回も医薬品の一つである麦門冬湯についてお話しさせて頂きます!


麦門冬湯とは
のどを潤し、咳をしずめる作用があります。痰の少ない乾咳、もしくは切れにくい粘稠な痰をともなう咳、あるいは、のどや口が乾燥しイガイガ感のあるときに用います。ふだん、のぼせ気味で、咳き込んで顔が赤くなることも使用目安です。
漢方は状態に合わせて使用することにより効果を発揮します!

副作用
漢方薬にも副作用があります。人によっては、服用時にむかついたり、かえって食欲がなくなることがあるかもしれません。

稀ですが、初期症状等に念のため注意ください
偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。
間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。

【その他】
胃の不快感、食欲不振、軽い吐き気
発疹、発赤、かゆみ

上記の症状には十分注意しましょう!

アルプス漢方薬店では市販薬をお渡しするまでに十分な説明を心がけています。
市販薬の購入や疑問な事があればアルプス漢方薬へご相談ください!


〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい。

pic20160728063845_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2016年7月26日 火曜日

有鉤骨骨折は北千里・青山台のアルプス鍼灸整骨院漢方薬店へ!

アルプス鍼灸整骨院の井上です!

今日は、野球選手に多い怪我の有鉤骨骨折について話していきたいと思います。
有鉤骨とは、手のひらの小指側にある骨のことをいいます。
有鉤骨骨折は、バッターがボールを打った瞬間に怪我をするケースがほとんどです。
手首は、8個の小さい骨が連結して構成されていますが、野球選手がバッティングで骨折するのは、ほぼ有鉤骨です。
その理由としては、グリップを握ったときに、当たる位置がちょうどこの有鉤骨になるので骨折しやすいです。
有鉤骨を痛めるときは、ミスショットのときに、痛めます。
バットの芯でボールを捕らえると、ほとんど抵抗が無いのに比べ、打ち損じのファウルやポップフライなどは、バットの力がボールに上手く伝わらず、その力がグリップを介して手首に伝わります。
1回で有鉤骨を骨折することはありませんが、繰り返し
有鉤骨へのストレス蓄積や、肘や肩の怪我や動きの不良などの、様々な理由が重なった結果、有鉤骨の骨折に至ると考えられます。

症状としては、痛くて手首を反らせたり物が握れなかったり、なにもしなくても痛みが出る場合もあります。

治療としては、症状が悪化する前であれば、保存療法で治療します。
安静にして、悪化しないように過大な運動は避け、治癒を待ちます。
完全に骨折してる場合には、手術的治療が選択される場合もあります


ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

当院では、整体・マッサージ、電気、鍼灸、テーピングなど様々な治療方で患者様の健康をサポートします。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪06-6835-0041‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい




pic20160726午前03844_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2016年7月25日 月曜日

腰部脊柱菅狭窄症は吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院・漢方薬薬店へ

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の亀原です

今回は腰部脊柱菅狭窄症についてお話しさせていただきます。

症状は
長い距離を続けて歩くことができません。
特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。
腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状は出ませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。
しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

原因
加齢、労働、変形性脊椎症・腰椎椎間板ヘルニア・変性すべり症などによる影響で変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

好発する年代
高齢の方に多くみられますが、若いときに重労働や重いものを持つ職業で無理をしたり、若いときに腰を痛めたことがある人、長時間運転する人などは加齢により、変形性脊椎症が起こり進行しやすく、変性すべり症は中年の女性に起こりやすく、脊柱菅狭窄症になりやすくなります。

アルプス鍼灸整骨院では、手技・アイシング・物理療法(ES-530ほか)・包帯固定・テーピング・運動療法などのさまざまな治療法を行っております

このような症状がある方は是非ご来院を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください 


imgG51911866_1469396510438
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2016年7月22日 金曜日

腹痛には吹田市北千里青山台アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店へ!

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の仲です。

今回は腹痛についてお話しさせていただきます。

東洋医学的に腹痛をみた場合いくつか原因があげられます。
・寒邪によるもの
寒邪とは簡単に言えば冷えのことです。寒邪がお腹にとどまることで気の運行が停滞しスムーズに巡らなくなります、そうすることで腹痛になる場合があります。
・過食によるもの
食べ過ぎによっても腹痛になります。胃や脾臓の機能が低下するとこで気の運行が停滞して起こります。
・偏食によるもの
特に脂っこいもの冷たいものの食べ過ぎによっても腹痛が起こります。
脂っこいものは湿熱と言う熱を帯びたものを作り腹痛になります。
冷たいものは直接冷たいものがお腹に入ることで気の運行が停滞し腹痛になります。

治療ではお腹周りのツボや胃経ラインのツボを使って治療していきます。
「天枢」「足三里」「中脘」など

アルプス鍼灸整骨院では、手技・アイシング・物理療法(ES-530ほか)・包帯固定・テーピング・運動療法などのさまざまな治療法を行っております

このような症状がある方は是非ご来院を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください

pic20160722072549_1.jpg

pic20160722072549_2.jpg

pic20160722072549_3.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31