アルプス鍼灸整骨院BLOG

2018年11月30日 金曜日

足の痛み、しびれには北千里アルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の仲です

今回は梨状筋症候群についてお話しさせていただきます。

梨状筋とは、尾骨という骨の上にある三角形の仙骨と大腿骨の付け根の大転子とをつなぐ筋です。

梨状筋症候群は、お尻にある梨状筋という筋肉の下を通る坐骨神経という神経が、打撲や筋肉の緊張・弛緩などの要因で圧迫されて、臀部から下肢にかけて痛みやしびれを伴うことです。

原因としては
座る時間が長い、長時間のデスクワーク、臀部の打撲や股関節捻挫。
仕事やスポーツで腰や臀部にストレスがかかるなど
この3つが、すべて梨状筋というお尻の筋肉の下を通る坐骨神経が圧迫される原因となります。

ストレッチやお風呂でしっかり温めるなど日常生活でのケアが予防にもなります。

アルプス鍼灸整骨院では、手技・アイシング・物理療法(ES-530ほか)・包帯固定・テーピング・運動療法などのさまざまな治療法を行っております

このような症状がある方は是非ご来院を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください 。


pic20181130064142_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2018年11月23日 金曜日

足がつってお悩みの方は吹田市アルプス鍼灸整骨院へ

アルプス鍼灸整骨院の仲です

今回はこむらがえりについお話しさせていただきます。

スポーツをしている時や、立ちっぱなしの仕事中、あるいは夜眠っている時に、突然足のふくらはぎの筋肉がつって、激しい痛みがあるものをこむらがえりと言います。

こむらがえりの原因として
運動不足
筋肉疲労によって起こることが多いです。また、筋肉を冷やすことで筋肉の血行不良を生じた場合も、発生しやすくなります。

冷え
身体が冷えることでおきます。
『こむら返り』が冬に特に起きやすくなることからも大きく関係があると言われています。
などの原因があります。

足のふくらはぎのツボを刺激することによっても筋疲労を軽減しこむらがえりの予防にもなります。

アルプス鍼灸整骨院では、手技・物理療法(ES-530ほか)・包帯固定・テーピング・運動療法などのさまざまな治療法を行っております

このような症状がある方は是非ご来院を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください

pic20181123060700_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2018年11月16日 金曜日

股関節が痛くてお悩みの方は北千里アルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の仲です

今回は股関節の痛みについてお話しさせて頂きます。

股関節の痛みで多いのが、中高年の女性には変形性股関節炎、小・中学生に多いのが単純性股関節炎です。

股関節は上半身の重みがかかるため、何もしていない状態でも少しの負荷はかかり、負担となります。当然、負担がかかれば、筋肉が疲労し、筋肉が硬くなったり、関節が硬くなったりしていきます。日常生活で股関節を使ったり、スポーツなどを行うと当然負荷も大きくなります。

股関節が硬くなると、腰も動きづらくなり、腰痛を引き起こしたり、肩こりなど、様々な症状が出てきます。

腰痛や肩こりなど、痛いところを施術するのも大切ですが、股関節などを緩めること。また、歪みを取ることで、
腰痛や肩こりの改善につながります。

関節は、動かすことにより、栄養を補給する組織なので、変形性股関節炎などは、体の歪みを取り、股関節を動かすことで痛みも楽になります。

しかし、単純性股関節炎は安静にした方が治りが良いため、体の歪みを取り、股関節はあまり動かさない方が経過が良いです。

このような症状がある方は吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院へご相談ください

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください。


pic20181116061546_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2018年11月 9日 金曜日

手の痺れには吹田市アルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の仲です

今回は胸郭出口症候群についてお話しさせて頂きます!

胸郭出口症候群とは
背骨と肋骨で囲まれた部分を胸郭といいます。医学的には胸郭出口症候群は、腕神経叢(わんしんけいそう)という神経の束が、胸郭から腕の方に出る部分(首から胸にかけて)で、筋肉や骨に圧迫や牽引を受けることで生じるとされています。

症状
首・肩・腕・指・背中の痛み・重い・だるい・こわばりなどです。頭痛、肩こり、しびれ、冷感などの症状もおこします

当院ではES-530の電気治療や手技、矯正、鍼灸治療、テーピングなど様々な方法で施術を行います。

手が痺れる。首が痛いなどの症状は吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院へご相談ください!

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい




pic20181109061538_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

2018年11月 2日 金曜日

肩の痛みには北千里アルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の仲です

今回は肩関節周囲炎についてお話させて頂きます!
四十肩・五十肩はいつも動いていた肩が突然動かなくなったり、痛みで動かせなくなったりしてしまいます。
ほとんどの方は、炎症が出て腕が挙げられなくなったりします。
中には夜寝ている時にも痛みが出てきますので眠れない方もいます。
四十肩や五十肩というのは医学的には肩関節周囲炎と言います。
症状が出た年齢によって呼び方が違うだけで状態はほとんど同じです。
四十代・五十代に多いというだけで、六十代や三十代の方だってなる方もいます。
もちろん七十代や二十代の方もいます。

発生機序からして何度でも起こる可能生がありますので、一度なった事がある方は特に予防するようにしましょう。
肩関節周囲炎は漢字の通り肩の周りに起こる炎症状態を意味します。
肩関節を構成するのは肩甲骨・上腕骨・鎖骨などの骨と、肩関節の動きを担当する筋肉や靭帯で構成されています。
肩関節は筋肉に依存している関節です。

肩関節が正しく使えないと日常生活にとても影響しますので早い段階で治療する事をオススメしています。

当院では症状を見極め、ESー530やアイシング、テーピング、手技、包帯固定など、様々な方法で施術致します!

肩の痛みやスポーツ障害は吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院へご相談ください!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用下さい。


pic20181102062733_1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF | 記事URL

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31