アルプス鍼灸整骨院BLOG

2017年2月27日 月曜日

肘内障は吹田市北千里のアルプス鍼灸整骨院・漢方薬店へ!

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の亀原です。
今回は肘内障についてお話しさせていただきます。
5歳未満の子供によく診られる肘内障は手を強く引っ張られることにより、肘の関節をつなぐ輪状の靭帯から骨がずれている状態です。
症状
・腕をだらんとして動かさない
・肘に触れることを嫌がる
・激しく泣く
・肘を曲げられない
・肘の痛み
・腫れない
などがある場合は、肘内障の可能性があります。1番特徴的なのは、腕を動かさないことです。骨と靭帯がずれているためまげることができず触れるだけで痛みを伴うためです。

1度肘内障が起こすと再発しやすいとされていますので子どもの手を強い力で引っ張らないように注意しましょう。

当院では、徒手整復・手技・物理療法(ES-530か)・運動療法・などのさまざまな治療法を行っております。

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください。

pic20170227073950_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31