アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年9月 5日 月曜日

足関節捻挫は北千里青山台近隣センターのアルプス鍼灸整骨院・漢方薬店へ


アルプス鍼灸整骨院•漢方薬店の亀原です

今回は足関節捻挫についてお話しさせていただきます。

捻挫のほとんどは、足関節を内側に捻って生じます。
足関節外側の靭帯が損傷します。
外くるぶしの前や下に痛みがあり、腫れます。
また、外くるぶしの前や下を押さえると、痛みます。

原因
足関節捻挫で最も多いケースがスポーツ中のケガです。特にバスケットボールやバレーボールなどの跳躍動作の多いスポーツをしている生徒や学生によくみられます。治療せずに放置すると、何度も捻挫を繰り返すようになることもあるので、注意が必要です。

治療法
急性期では受傷部位を確認し、RICE処置にのっとってスプリント(副木)、包帯、テーピングによる固定、アイシングを行い、患肢挙上により安静を保ちます。

アルプス鍼灸整骨院では、手技・アイシング・物理療法(ES-530ほか)・包帯固定・テーピング・運動療法などのさまざまな治療法を行っております

このような症状がある方は是非ご来院を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31