アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年8月30日 火曜日

足底筋膜炎は吹田・北千里のアルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の井上です!

今日は、足底筋膜炎について話していきたいと思います。

足底筋膜炎とは?
筋肉には筋膜という薄い膜で保護されており、筋肉の滑動を助けています。
足の筋膜が疲労することで、炎症や痛みを伴う病気です。
原因
足底には、かかとの骨から足指の付け根まで弓状(アーチ)になっている足底筋膜と呼ばれる、膜のように薄く幅広い腱があります。
弓状のアーチ(土踏まず)で体重を衝撃を吸収し、クッションの役目をしていますが、仕事やスポーツなどで足を酷使していたり、歩き過ぎや硬い床の上に長時間立って仕事をしたり、合わない靴や筋力低下・体重の増加などにより足底筋膜炎になりやくなります。
足底筋膜が硬くなることにより、伸ばした際に小さな断裂が起きてしまい、そこから炎症してしまい足の裏に痛みが生じます。
症状
起床時や初めの一歩目が痛い、走るなどの衝撃が衝撃がかかると痛みが出てきたり、ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってたりします。
また、足の裏を押すと痛い場所があります。
治療
足の疲労を取り除くのと、血行を良くすること、筋肉を柔らかくすることが大事です。
急性炎症の場合は、冷やしますが慢性炎症の場合は温めて、血行を良くしていきます。
自然治癒する傾向がありますが、スポーツが原因の場合は、練習量を減らしかかとのクッション材、足のアーチを補助する足底板を使用します。


ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

当院では、整体・マッサージ、電気、鍼灸、テーピングなど様々な治療方で患者様の健康をサポートします。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪‪06-6835-0041‬‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい

pic20160830午前80431_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31