アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年4月26日 火曜日

吹田・北千里・アルプス鍼灸整骨院 ルーズショルダーについて!

アルプス鍼灸整骨院の井上です!

今日は、肩関節不安定症ともいわれる、ルーズショルダーについて話していきたいと思います!

ルーズショルダーとは、言葉の通り肩関節が外れやすくなっている状態のことをいいます。

症状は、野球やソフトボールでの投げる動作で、肩関節に痛みがでたり、不快感や脱力感、なにもする気が起きないといった無気力感を訴えるようになります。

またスポーツ選手以外でも、生まれつき靱帯の緩い人に起こりやすく、遺伝性もあると言われています。

ルーズショルダーの原因は、肩と上腕をつなぐ筋肉が衰えているため、肩関節が緩くなってしまいルーズショルダーになると言われています。

治療方法としては、運動療法により、衰えている筋肉を鍛えていきます。

また、テーピングやサポーターで保護や固定なども行います。


ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

当院では、整体・マッサージ、電気、鍼灸、テーピングなど様々な治療方で患者様の健康をサポートします。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪‪06-6835-0041‬‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31