アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年3月15日 火曜日

野球肘は吹田・北千里のアルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の井上です!

スポーツをしている方で、ボールを投げるときに肘が痛くて、全力で投げるのが怖いという方はいませんか?

今日は、野球をしている方に多い野球肘について話していきたいと思います。

野球肘は、内側型・外側型・後方型の3種類があります。

内側型は、小・中・高校生に多く、ボールを投げる際に肘にかかる外へのひねる力が、くり返しかかることで、肘の内側が痛みます。

外側型は、小学生に多く、投球時に起こる過度の外へのひねる力によって肘関節の骨同士がぶつかり合い、軟骨部位が徐々に剥がれてきて、肘の外側が痛みます。

後方型は、高・大学生に多く、肘関節を伸ばした時に、肘関節を構成する骨同士が衝突し合いって、肘の裏側が痛みます。

野球肘になると投球をするとき肘が痛いだけではなく、また痛みが起こるんじゃないかと次第に投げるのが怖くなります。

また、肘をかばうあまりに、今度は肩を痛めてしまう場合もあります。

そうなると肘だけではなく、肩まで治療をしなくてはいけなくなります。

野球肘の原因は、筋肉の硬い状態で、練習のし過ぎや、投げ過ぎ(オーバーユース)と言われています。

予防としては、筋肉量の増加などですが、正しいフォームでの投球を覚えることも必要です。

ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

当院では、整体・マッサージ、電気、鍼灸、テーピングなど様々な治療方で患者様の健康をサポートします。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪‪06-6835-0041‬‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい

pic20160315午前85353_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31