アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年1月19日 火曜日

スキーで怪我をしてしまったら?

アルプス鍼灸整骨院の井上です!

冬の間に友達や家族とスキーやスノーボードをされた方はいませんか?

今日は、スキーの時にしやすい怪我、膝関節捻挫について話していきたいと思います。

最も頻度の高い膝関節捻挫は、スキーなどのスポーツでよくみられる内側側副(ないそくそくふく)靭帯の損傷です。

この靭帯は膝の内側にあり、膝の外側からの強大な外力により損傷します。

症状としては、膝の痛み、関節のはれ、膝の不安定性です。

膝関節捻挫の応急処置は、安静にしてアイシングすることです。

アイシングすることによって、腫れを最小限に抑えることができます。

膝の捻挫は処置せず放置すると歩けなくほど悪化する場合があるので、早期にテーピングなどで処置する事が大切です。

ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

当院では、整体・マッサージ、電気、鍼灸、テーピングなど様々な治療方で患者様の健康をサポートします。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪‪06-6835-0041‬‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31