アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年9月10日 木曜日

肋骨骨折の治療はアルプス鍼灸整骨院へ

吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院の大岩根です。

今回は当院に肋骨骨折で来院された患者様のお話しをさせて頂きます。

病院で肋骨骨折(不全骨折)と診断され、バストバントで一ヶ月の安静との対応でした。
バストバントだけでは、息を吸ったり、体を捻らせたりすると激しい痛みが出るとの事で、病院の後に当院へ受診されました。

1日でも早く痛みを取り除き、仕事に復帰したいとの事で、できる限りの対応をさせて頂きました。

治療法は
マイクロカレント(組織の早期再生)
アイシング(熱感・腫脹の軽減)
テーピング(局所の安静)
パット(局所の保護)
包帯固定(局所の安静)
バントバント(局所の安静)を行いました。

固定をしっかり行う事により息をする事や体を動かす事が楽になりました。

1日でも早く完全復帰できるよう努めます。


〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL 06-6835-0041
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31