アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年9月 1日 火曜日

手の痛み、痺れにはアルプス鍼灸整骨院へ

今日から9月ですね!!!アルプス鍼灸整骨院の白石です!!
今日は手根管症候群について。
手根管とは手くびに存在する骨のくぼみと、そこに張る靭帯もで囲まれたトンネル状の空間で、その中に指を曲げる作用のある筋肉の腱(指屈筋腱)と神経(正中神経)が通っています。  

 この手根管が何らかの原因で内部の圧力が上昇して神経(正中神経)を締め付けられるために様々な症状が出現します。これを絞扼性神経障害といいます。

 手根管の内部の圧力が上昇する要因として挙げられるのが、様々なケガの後遺症や手の変形性関節症、関節リウマチ、ガングリオンなどの腫瘍がありますが、手の使い過ぎが原因でも発生します。

 手根管症候群になると親指~薬指にかけて痛みやしびれ感が出現し、夜間や早朝、手を使った後などにみられる傾向があります。
 また症状が進行すると知覚が低下したり、親指の根本の筋肉(母指球筋)が萎縮して、筋力が低下することもあります。
 
治療としては、筋力低下を防ぐ為にリハビリを行い、「シーネ」という固定具を24時間ないし夜間だけ使用する方法もあります。
気になる方はぜひアルプス鍼灸整骨院へ

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL 06-6835-0041
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31