アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年6月15日 月曜日

梅雨時期の首の重だるさがある時はアルプス鍼灸整骨院へ

アルプス鍼灸整骨院で鍼灸師をしている木島です。

 

梅雨に入り蒸し暑さから体の不調を訴える方も多くなってきています。

 

暑さからクーラーを使用した影響や寝汗をかいて風邪をひいてしまったりすることがありえます。また、湿気の影響で体が重だるくなり頭を支えられなくなり首の痛みの発症や手首の痛み、膝痛や腰痛などの体のあちこちで痛みが起こりやすくなります。

 

それは東洋医学的に見ても湿が体に溜ることに体内でめぐりが悪くなることから阻滞していき痛みを引き起こします。

 

筋肉を緩めることにより体の循環をあげると湿気の多い時期でも快適に過ごせるようになるでしょう。

 

今回は湿気の時期に重たくなる首の痛みを改善する『三陽絡』を紹介します。

 

場所は尺骨と橈骨の中央です。わかりやすく言うと手関節の外側で上に向かって5cmくらいの場所にあります。

 

首の痛みだけでなく、経絡の考えで手にある3つの陽の集まる場所でもあるため、手や腕の痛みや痺れ、耳鳴り、歯痛や体が酸性に傾いている方のだるさにも効果があります。

 

このような症状の時にもアルプス鍼灸整骨院にご相談ください。

 

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31