アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年2月19日 木曜日

シンスプリントにはインソール療法やテーピング療法!

吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院の大岩根です。

今回はシンスプリントについてお話しさせて頂きます。

シンスプリントの主な原因は、使いすぎによって生じる下腿の屈筋群の疲労からくる筋の過緊張です。下腿三頭筋の一つであるヒラメ筋、後脛骨筋の筋膜が脛骨の表面を覆う骨膜と摩擦を生じて骨膜に炎症をきたし、下腿の内側の痛みを発生させるものとされています。スポーツのハードな練習、O脚、回内足、扁平足などの足のアライメント変化、下腿三頭筋の柔軟性低下、股・膝・足関節の柔軟性の低下、足関節可動域制限が発生の誘因となります。


シンスプリントの治療は固くなった筋肉を緩める事や運動中の筋肉負担を減らす事で痛みを軽減させていけるのです。

当院ではES-530の特殊治療やテーピング療法、インソール療法など、様々な治療方法で、施術しています。

痛みに悩みがある方は、当院にご相談下さい

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31