アルプス鍼灸整骨院BLOG

2018年8月17日 金曜日

手の痺れには北千里アルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の仲です

今回は手にしびれなどの症状がでる、肘部菅症候群についてお話させていただきます。

 肘の内側の上腕骨内上顆という、骨と靭帯で形成された肘部管というトンネルがあります。ここを尺骨神経が通ります。
その部分を長時間圧迫などをすると神経が麻痺され手指にしびれなどの症状が現れます。

初期は小指と薬指の小指側にしびれが生じます。症状が進行するにつれて手の筋肉がやせてきたり、小指と薬指がまっすぐに伸びない鉤爪(かぎづめ)変型が起こります。筋力が低下すると、指を開いたり閉じたりする運動ができなくなります。握力も低下します。

肘の内側の骨の後ろを叩くと指先に痛みが出るティネル徴候などの検査を行い鑑別していきます。

神経症状は慢性になるほど症状が改善しにくくなるのでこのような異変を感じたら早期の治療をおすすめします!

当院では、手技・物理療法(ES-530ほか)・包帯固定・テーピング・運動療法などのさまざまな治療法を行っております

このような症状がある方は是非ご来院ください!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください 。


pic20180817061841_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31