アルプス鍼灸整骨院BLOG

2017年9月 7日 木曜日

ジャンパー膝やスポーツ障害の治療は吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院へ

吹田市青山台アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の大岩根です。

今回はジャンパー膝についてお話しさせて頂きます。

ジャンパー膝とは
正式な名称を膝蓋靱帯炎症と言います。膝蓋靱帯とは膝蓋骨というお皿のような骨を固定する役割を担っている靭帯です。この靭帯を酷使しすぎると炎症を起こし、症状がひどくなると切れてしまいます。膝蓋靱帯は膝を曲げ伸ばしするときに使われるので、走ったりジャンプしたりすることの多いスポーツほど発症のリスクが高まります。そのため、ジャンパー膝という通称がついています。

症状
ジャンパー膝の症状は段階を経て進行していくだけでなく、初期の段階では痛みを感じていても動作することで痛みが収まってしまい、温めても痛みが収まります。
ここで気に留めずに運動を続けてしまうと症状が重くなっていきます。
膝の内側からの痛み、ジャンプ時の痛み、動かなくても痛みが続くなど段階が進んでいきます。

当院では早期回復に努め、ES-530やマイクロカレントの電気治療やアイシング、テーピング、手技、包帯固定など様々な方法で症状に合わせて治療していきます。

膝が痛いやスポーツ外傷は吹田市青山台アルプス鍼灸整骨院へご相談下さい。


〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい

pic20170907055731_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31