アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年12月15日 木曜日

肘の痛みの治療やスポーツ障害は吹田市青山台アルプス鍼灸整骨院へ

吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の大岩根です。

今回は肘の障害の一つであるテニス肘についてお話しさせて頂きます!

テニス肘とは
上腕骨外側上顆炎(通称:テニス肘)
手や腕の筋肉の使いすぎにより筋の変性や微小な断裂が生じると運動痛や自発痛をきたします。

日常生活の中で発症する場合は30~50歳代の中年女性に多く、短撓側手根伸筋起始部の変性が原因であることがほとんどです。

テニスのバックハンドにより発症することが多いのでテニス肘と呼ばれていますが、臨床例では労働による発症の方が多いのです。


症状
手を使ったときに肘・前腕に生じる痛みが主症状である。
タオルを絞る、物を持ち上げる、掃き掃除をするなどの動作で痛みを訴えることが多い。

当院では早期回復の為に、ES-530の電気治療やアイシング、テーピング、包帯固定、手技、運動療法など症状に合わせて様々な治療を行っております!

肘の痛みやスポーツ障害は吹田市青山台アルプス鍼灸整骨院へご相談ください!


〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい!

pic20161215074212_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31