アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年10月18日 火曜日

皮内鍼とは? 北千里・青山台アルプス鍼灸整骨院漢方薬店

アルプス鍼灸整骨院漢方薬店の井上です!

今日は、当院でも使っている皮内鍼について話していきたいと思います。

皮内鍼とは??
昭和初期に群馬県の鍼灸師赤羽幸兵衛(あかばねこうべえ)により発案され、太さ0.14㎜、長さ5㎜程度の小さく細い鍼です。

皮内鍼はツボや圧痛点などの反応を確認しながら刺鍼部位を決めてピンセットを使って刺入しテープで固定します。
テープで固定されているのでお風呂なども普段通りに入れます。

ツボに貼付する場合は、ツボを持続的に刺激するので、体調管理に対して使うことも出来ますし、治療院にいない間でも刺激を加えておくことが出来るので、通常の治療の補完として使用することが出来ます。
圧痛点に貼る場合は、肩こり・腰痛・膝痛・寝違えなどコリや痛みがある場所に貼ります。


ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪‪06-6835-0041‬‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。

pic20161018午前74723_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31