アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年9月21日 水曜日

現代病のスマホ巻き肩は北千里・アルプス鍼灸整骨院漢方薬店へ!

アルプス鍼灸整骨院漢方薬店の井上です!

今日は、現代病である「スマホ巻き肩」について話していきたいと思います。

スマホ巻き肩とは?
PCやスマホを長時間見続けていると、いつの間にか背中が丸まり猫背になって姿勢が悪くなります。
スマホ巻き肩の場合は、猫背だけではなく、さらに両肩が前のほうに向かって内側に傾いている状態のことをいいます。

症状
・頭痛
・肩こり・首こりが慢性化になる。
・正しい呼吸がしづらくなる、息苦しくなる。
・集中力が続かない
・眼精疲労

原因
一般的にPCやスマホを操作する場合、手が前に出て連動して肩が前に出るため、巻き肩の状態になります。
次に頭を下げて、背中を丸めた姿勢を長時間継続することでスマホ使用時は頭の重さで倒れてしまわないように身体がバランスをとろうと前傾姿勢になるため、肩甲骨が開き凝り固まり、肩が前に出てしまうことで腕が内側に巻きこんできます。
これがスマホ巻き肩になる原因です。

予防
胸を開くことが大事になるので、背筋を伸ばし、深呼吸をするように胸を大きく開く・広げるのが大事です。
壁やタオルなどを使って大胸筋をストレッチするのも効果的です。
スマホの画面をどうしても下で見てしまうと猫背になるので持つ高さも目線に合わせて持つようにしましょう。


ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪‪06-6835-0041‬‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。

pic20160921午後30857_1.jpg

pic20160921午後30857_2.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31