アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年9月 6日 火曜日

脊柱管狭窄症は北千里・アルプス鍼灸整骨院漢方薬店へ!

アルプス鍼灸整骨院漢方薬店の井上です!

今日は、脊柱管狭窄症について話していきたいと思います。

脊柱管狭窄症とは?
脊柱を形成する椎骨(ついこつ)の椎孔の連なりでできる管状の腔で髄膜に包まれた脊髄と血管・神経が通り管のことを脊柱管といい、その脊柱管が狭くなり、中にある神経を圧迫してしまうことによって、痛みやしびれを引き起こす症状です。

原因
脊柱管狭窄症には、先天性と後天性があり後天性の場合は、加齢、外傷による椎骨の退行性の変化および軟部組織の肥厚が原因となります。
腰椎の場合はすべり症、黄色靭帯の肥厚や石灰化も原因となります。
先天性の場合は、おもに軟骨無形成症でなります。

症状
神経への圧迫が過大になると下肢の疼痛・坐骨神経痛・しびれなど、下肢の筋力低下・感覚症状が現れます。
脊柱管狭窄症の特徴的な症状として神経性間欠生跛行があげられます。

検査
姿勢による症状の変化や神経性間欠生跛行、下肢神経症状で調べます。
X線、MRI、CTでは脊柱管の形態を把握します。

治療
保存療法としては、運動療法、装具療法、薬物療法、などがあげられます。


ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

当院では、整体・マッサージ、電気、鍼灸、テーピングなど様々な治療方で患者様の健康をサポートします。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪06-6835-0041‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい

pic20160906午前73529_1.jpg

pic20160906午前73529_2.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31