アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年8月16日 火曜日

内出血は吹田・北千里のアルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の井上です!

今日は、内出血について話していきたいと思います。
内出血は、文字通り体内で出血が起こることを言います。
内出血が起きると血液が皮の下に溜まってしまい表面部分に見られるようになりますが、青く見える時もあります。
赤血球の中にヘモグロビンというタンパク質が、酸素と結合していると赤く見え、結合してないときは、青く見えるためと言われてます。
内出血は、皮膚が薄い部分にできやすいと言われており、特に手足や頭部はぶつけてしまうことが多いので注意しましょう。
内出血の対応としては、すぐに冷やす必要があります。
冷やすことによって炎症を抑えられ、症状の悪化をふせぐことができます。
なるべく早く冷やした方が回復を早くさせることができると言われてます。
冷やす時は、直接氷をつけるのではなくタオルや布を使って冷やすようにしましょう。
内出血した部分を冷やしたことで腫れが引いてきているので、次に幹部を温めてあげることで、血行が促進されることになるので、幹部を治すための栄養が運ばれやすくなるので、治りが早くなるのです。
内出血が起きてすぐ温めてしまうと炎症が収まらなくなるので注意しましょう。
当院では、冷やす際にマイクロカレント療法(微弱電流)を使い細胞の修復促進させ、患部の腫れや炎症の治りを促進させていきます。


ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪‪06-6835-0041‬‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。


pic20160816午前70638_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31