アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年7月 7日 木曜日

葛根湯など市販薬の購入やご相談は吹田市北千里アルプス漢方薬店へ!

アルプス鍼灸整骨院・漢方薬店の大岩根です!7月1日から薬店がオープンしました。
そこで、今回は医薬品の一つである葛根湯についてお話しさせて頂きます。

葛根湯とは
かぜの引き始め、鼻かぜ、炎症性疾患、肩こり、上半身の神経痛、じんましんの治療に使用されます。
通常、自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こりなどを伴う比較的体力のある人に用いられます。
漢方薬は人それぞれの症状に合わせて使用することにより効果を発揮します!

副作用について
人によっては、稀に下記のような副作用がでることがあります。

次の症状がみられた場合は、すぐに服用を中止しましょう!

・食欲不振
・胃部不快感
・発汗過多
・頻脈
・動悸
・発疹、かゆみ
など
重篤な副作用

肝機能障害・・・だるい、発疹・かゆみ、発熱、黄疸(皮膚や目が黄色くなる)
偽アルドステロン症・・・だるい、血圧上昇、むくみ、脱力感、筋肉痛

注意点
・心臓や血管に作用がある「麻黄」の成分を含んでおり、高血圧、心臓病、腎臓病など循環器系の持病がある方は服用に注意が必要となります。

・葛根湯とは別に、他のお薬を服用する場合は、お薬の作用や成分に重複がないか確認が必要です。

・解熱剤で熱を下げる場合は、葛根湯の作用(発汗作用を促し、体温を下げる効果)と効果が逆に働き、飲み合わせとして適正ではない可能性もあります。

上記の注意点については十分注意しましょう。

アルプス漢方薬店では市販薬をお渡しするまでに十分な説明を心がけています。
市販薬の購入や疑問な事があればアルプス漢方薬へご相談ください!


〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください!

pic20160707063115_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31