アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年6月20日 月曜日

肘部菅症候群は阪急北千里エキス近くのアルプス鍼灸整骨院へ

アルプス鍼灸整骨院の亀原です

今回は肘部菅症候群についてお話しさせていただきます。

肘部菅とは、尺骨神経神経が通る尺骨神経溝から尺側手根屈筋への入り口の区間のことをさします。

肘部菅症候群は、この部位で神経がしめつけられて症状が発生します。

発生原因
1、肘回りの骨折後の成長障害で外反肘
(腕をまっすぐ下ろしたとき、肘を境
に、上腕に比べて前腕が外側に反って
いる状態。)

2、 スポーツ障害(投球動作など)

3、尺骨神経の尺骨神経溝からの脱臼

4、長時間の肘を曲げる
などがあります。

症状は
1、薬指、小指のしびれ

2、握力の低下

3、肘の内側の痛み

4、ボタンをかける動作や、箸が使い
にくいなどの細かい動作がしにくく
なる

などがあります。

アルプス鍼灸整骨院では、手技・アイシング・物理療法(ES-530ほか)・運動療法・包帯固定・テーピングなどのさまざまな治療法を行っております。

このような症状がある方は是非ご来院を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください。   

imgG51911866_1466372315274

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31