アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年5月 5日 木曜日

ギックリ腰の痛みの治療は吹田市青山台アルプス鍼灸整骨院へ

吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院の大岩根です!

皆さんゴールデンウイークはいかがお過ごしですか?長時間同じ姿勢や無理な体勢で腰が痛くなっていませんか?
今回はギックリ腰についてお話しさせて頂きます!

急性腰痛症とは一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれているものです。
ぎっくり腰は腰椎を支えている椎間板・関節・筋肉・靱帯などに、部分的な損傷が起こって痛みが出るもので、激痛で動けなくなってしまうこともあります。
ただ、ほとんど1ヶ月以内に痛みがなくなり治るのですが、繰り返して発症してしまうと椎間板ヘルニアを合併したり、慢性的な腰痛になってしまったりすることがあるので正しい治療が大切です。

では、どう言う時にギックリ腰が起きて、また起こしやすい年齢はあるのか?
ぎっくり腰は日常生活における何気ない動作で生じるもので、顔を洗おうと体を曲げた時・靴下を履こうとした時・中腰で物を持ち上げた時・何気なく振り返った時などです。
若い方でもぎっくり腰になる方もいますが30歳以降の方に多く見られる傾向があります。

ぎっくり腰になってしまった時にはどうすれば良いのか?
自身が楽と感じる姿勢で安静にすることが大事で、一般的には横になって膝や股関節を曲げてエビのような姿勢で休むのが良いと言われています。
それから患部を冷やすのが効果的で氷で冷やすと良いです。
ただし、冷やしすぎると皮膚を刺激して増悪することもあるので、1回につき20分ほど冷やすと良いです。
痛みを我慢して無理をすると炎症が解消されないのですが、あまりにも長く安静にするのも回復を遅らせると言われています。
個人差があるので一概に言えませんが、ある程度痛みが引いたら適度に動くようにすると早く回復します。

当院では早期回復の為、ESー530やアイシング、テーピング、トムソン矯正、鍼灸治療など様々な方法で、患者様にあった施術を行います!

腰の痛みやスポーツ障害は吹田市青山台アルプス鍼灸整骨院へご相談ください!


〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用下さい。


pic20160505052455_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31