アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年3月 8日 火曜日

幼児に多い肘内障は吹田・北千里のアルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の井上です!

今日は、肘内障(ちゅうないしょう)について話していきたいと思います。

肘内障とは、2~4歳くらいの幼児に多く、手を急に引っ張ったり、ひねったりした時に起こります。

「肘が抜けた」というふうに表現されますが、脱臼ではなく、肘にある骨から靭帯がはずれたり、ずれてる状態のことです。

一度、肘内障を起こすと、クセがつき再発しやすくなります。

肘内障の多い年齢ではうまく話せないことが多いので、痛みがあっても分からない場合があります。

子どもに、以下のようなことが見られたら肘内障を疑う必要があります。

・突然激しく泣きだした
・胸をだらりとさせている
・前腕を内側にして動かそうとしない
・肘の部分には赤みなどはない

上記の状態がみられる場合、肘内障が疑われます。


ご質問がある方や気になる方は吹田・北千里の当院までお電話下さい。

当院では、整体・マッサージ、電気、鍼灸、テーピングなど様々な治療方で患者様の健康をサポートします。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL ‪‪06-6835-0041‬‬
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい



pic20160308午前84538_1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31