アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年2月29日 月曜日

ド・ケルバン病はアルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の亀原です。

今回はド・ケルバン病についてお話しさせていただきます。

ド・ケルバン病は手関節背側の橈骨茎状突起と伸筋支帯とで構成される第1区画内を通過する長母指外転筋腱と短母指伸筋腱との狭窄性腱鞘炎のことです。

好発するのは出産前後、閉経前後の女性、手をよく使う職業の人におおく発症します。

症状は母指や手関節の運動に伴う疼痛、橈骨茎状突起部の圧痛、腫脹、発赤、熱感、硬結を認めます。

テスト法にはフィンケルシュタインテストがありこのテストは母指を指の中に入れて握り手首を小指側に曲げると手関節の橈側に痛みが増大します。

アルプス鍼灸整骨院では、手技・アイシング・物理療法(ES-530ほか)・運動療法などのさまざまな治療法を行っております。

このような症状がある方は是非ご来院を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください。   



imgG51911866_1456694589541

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31