アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年1月25日 月曜日

お子さんの急な肘の痛みの治療は吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院へ!

アルプス鍼灸整骨院の亀原です!

急に寒くなりましたが、体調を崩さないように気を付けましょう!

今回は肘内障についてお話しさせていただきます。

肘内障とは肘関節の輪状靭帯の下を前腕の橈骨頭がくぐり抜けるのとにより発生する亜脱臼のことで、2~4歳の幼少児特有の障害でとても起こりやすいものの一つで多くの場合親が手を引っ張った際に発生します。
そのほかにも腕を体の下にして転がったときに発生する例もあります。

起こりやすい要因として、この年齢でよくみられる全身関節弛緩、あるいはこの時期の橈骨頭という骨の大部分が軟骨成分であることなどが考えられています。

症状には
1、肘関節外側の運動痛

2、上肢を動かさない(バンザイができない)

3、局所の腫脹、発赤は認めない
このようなものがあります。

予後は発生しても成長とともに自然に発生しなくなり変形や機能障害を残すことはほとんどありません。

お子さんにこのような症状があるかたは是非ご相談を!

〒565-0875大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
電話 06-6835-0041
受付時間 午前8時30分~12時 午後4時~8時
休診日 土曜日午後・日曜・祝日
最寄り駅 阪急北千里駅 徒歩6分
お車 青山台近隣センター内の無料駐車場
をご利用ください 

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31