アルプス鍼灸整骨院BLOG

2016年1月14日 木曜日

手の外傷や突き指などの痛みの治療は吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院へ!

吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院の大岩根です。

今回は前回の腱鞘炎に続き、手の障害である突き指についてお話しさせて頂きます。

突き指はスポーツによる傷害では最もよくあるケガとも言えます。ただし、突き指と言っても骨折を伴うもの、靭帯断裂を伴うもの、指の変形などの後遺症を引き起こすものなど、症状や状態によって適切な治療を必要とします。

突き指の症状で最も多いのが「捻挫」です。骨と骨の間に起こる急激なねじれ、あるいは何らかの激しい力が働いて関節周辺の関節包や靭帯が損傷することにより指の両脇にある靭帯が伸びた状態になっています。多くの場合、指先に当たったり、指先をぶつけますが、指先よりも指の関節を負傷します。まれに、骨折や脱臼・靭帯断裂などの場合もあります。絶対に指先を引っ張ったりせず、固定したまま冷却し受診しましょう。

当院では早期回復の為に、ESー530の電気治療やアイシング、テーピング、包帯固定、手技など様々な方法で治療します。

手の外傷や突き指など、吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院へご相談ください!


〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい





このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31