アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年9月29日 火曜日

肩の痛みにはアルプス鍼灸整骨院へ

9月もあっという間でしたね。アルプス鍼灸整骨院の白石です。

今日は鎖骨骨折について。

鎖骨骨折は転倒などの衝撃を受けた際に鎖骨が折れてしまう障害です。
運動選手だけでなく、小児にも多く見られ小児骨折の約8割がこの鎖骨骨折だと言われています。
骨折のため強い痛みの症状と変形が伴います。
原則、保存療法で対処しますが、ずれが大きい場合、手術が適用されるケースもあります。

主な症状は痛みと腫れです。痛みは発生から数分、もしくは数十分後に強くなり、その痛みから腕や肩を動かすのは困難になります。
また、他の骨折と同様に骨折部の皮下出血と骨の変形が伴います。

鎖骨骨折を起してしまう原因は肩周辺に強い衝撃を受けることです。


衝突を繰り返す運動は特に注意が必要で、ラグビーやアメリカンフットボール、柔道などの格闘技に発生しやすい傾向があります。



骨のずれ方によって治療も異なりますが、軽度なら保存療法で対処します。
整復を行った後、患部を固定し骨が引っ付くのを待ちます。固定は最低でも1~2ヶ月は継続します。骨のずれが大きい場合には、手術で骨をつなぐことになります。

骨の強度によって発生頻度も異なるため、予防は難しいかと思われます。
ただし、衝撃を受け流す動作、転同時の受身の練習は効果的な予防になります。
これ以外では、クッション性を上げる筋力の強化や、柔軟性を向上させるストレッチが有効な予防法になると思われます。



気になる方はぜひアルプス鍼灸整骨院へ
〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL 06-6835-0041
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31