アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年3月19日 木曜日

外脛骨の痛みにはテーピング療法やインソール療法!

吹田市北千里アルプス鍼灸整骨院の大岩根です。

今回は足の障害である外脛骨についてお話しさせて頂きます!

外脛骨障害は足の舟状骨の内側が突出し、炎症化することで痛みの症状を伴う障害です。
この突出した骨を外脛骨といいますが、実はこの骨を全ての人が持っているわけではなく、また外脛骨を持つ全ての人が痛みを感じる訳でもないのです。
ただし、激しい動きをする運動選手はこの部分に痛みを感じることが多いようです。

外脛骨障害の主な症状はくるぶし周辺の痛みと腫れです。
痛みの症状は荷重時やスニーカーを履いた際に強まる傾向があります。

原因
痛みの原因には筋肉の牽引力、外脛骨の形状、他の障害による影響が関係しています。
外脛骨には後脛筋腱と呼ばれる筋肉が付着しています。
この牽引力が強まることで炎症を起こすのです。この手のタイプは回内足の人や、足部の骨の成長が著しいことで後脛骨筋腱が短くなった人に起こりやすい傾向があります。

外脛骨の形状が原因になるケースは単純に外脛骨が人より大きい人です。
他の障害による影響は、捻挫などの際に外脛骨が足関節の骨とぶつかることで炎症化してしまうことを意味します。また、筋力バランスやシューズが原因になることもあります。

治療法・予防
外脛骨障害は安静にさえしていれば解消される障害です。
もし長期間痛みが消えない場合でもテーピングや足底板で痛みの緩和がはかれます。

予防には回内足や偏平足を抑えることや、運動後のアイシング、足にあったシューズ選びなどが効果的です。また、足底板の使用や筋力バランスを整えることも大変有効な予防法になるでしょう。

当院ではテーピングやインソール療法、ESー530など様々な治療方で痛みを軽減させていきます。

外脛骨やその他の痛みでお困りの方は当院へご相談下さい。


〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL≫06-6835-0041
受付時間≫午前8時30分~12時 / 午後4時~8時
 休診日≫土曜午後・日曜・祝日
最寄り駅≫阪急北千里駅 徒歩6分
お車≫青山台近隣センター内の無料駐車場をご利用下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31