アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年3月 3日 火曜日

野球肩にはアルプス鍼灸整骨院へ

アルプス鍼灸整骨院の白石です。

野球肩について書きます。
野球肩は、上腕骨の肩周辺で発生する炎症などの投球フォームに伴って発生するスポーツ障害の総称です。小学生に多く見られることから「リトルリーグ肩」と言う異名を持っています。野球肩は、「オーバーヘッドスローイング」と呼ばれる投球時の動作が原因となって起こるため、ハンドボールや水泳などの野球以外のスポーツでも発生することがあります。症状としては肩の痛みや血行障害などがあります。
野球肩は、成長期の小中学生を中心として起こりやすいスポーツ障害であるといえます。予防策としては上腕や肩の筋肉強化と運動後のアイシングと温熱療法の併用が効果的です。また、選手に無理をさせない練習メニューを組むことも予防策になると思います。
野球肩の治療は、投球練習の休止から始まります。発症原因であり、悪化させる原因でもある投球は完治してからでも遅くはないからです。野球肘の場合は、投球フォームの改善を行うことで症状が改善することがあります。野球肩の治療は、抗炎症剤などで炎症と痛みを抑えながら肩関節の可動域を改善していきます。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL 06-6835-0041
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31