アルプス鍼灸整骨院BLOG

2015年2月 3日 火曜日

こむら返りにはアルプス鍼灸整骨院

こんにちは。好きな筋肉は僧帽筋の白石です。
今日はみなさんが一度は経験されていると思う、こむら返りについて書きたいと思います。
こむら返りとは、腓腹筋痙攣と呼ばれるもので、ふくらはぎにある腓腹筋や神経が異常な状態を起こし、筋肉が収縮したまま弛緩しない状態になり激しい痛みを伴う症状です。
そしてそうなる原因とされているのは、
・筋肉の疲労
・運動不足
・水分及び体液中の電解質の異常
などが挙げられます。
ここでこむら返りに効くといわれているツボを少しご紹介したいと思います。
・承筋(しょうきん)
承筋はふくらはぎ(腓腹筋)の一番盛り上がっている中心に位置しています。
・承山(しょうざん)
承山は腓腹筋の盛り上がる手前の部分で膝の裏とかかとの中間ほどに位置しています。
そこのツボを優しくおすことで痛みが軽減されると言われています。

他にもこむら返りに効くツボがあります。
お近くにお寄りの際は是非アルプス鍼灸接骨院にお越し下さい。寒い日が続いておりますが、皆さん風邪には気をつけてくださいね。

〒565-0875 大阪府吹田市青山台2-1-6
アルプス鍼灸整骨院
TEL 06-6835-0041
受付時間 午前8時半〜午後12時/午後4時〜午後8時
休診日 土曜午後・日曜・祝日
最寄駅 阪急北千里駅 徒歩約6分
お車でお越しの際は青山台近隣センター内の無料駐車場を御利用下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 アルプス鍼灸整骨院 STAFF

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31